赤ちゃんを希望の性別に産み分ける「産み分けゼリー」とは?

赤ちゃんを希望する性別に産み分ける、そんなアイテムや方法がこれから子供作りに
励もうと思っている方の間で話題になっています。

 

赤ちゃんを希望の性別に産み分けできるゼリーの最先端商品とは?
・1人目は男の子だったから女の子が欲しい
・女の子ばかりなのでそろそろ男の子が欲しい

 

事情はそれぞれあると思いますが、本当に赤ちゃんの性別の産み分けをすることは可能なのでしょうか?
第1子は赤ちゃんがとにかく健康に生まれてきてくれればそれでいいという人がほとんどだと思いますが、2人目になると赤ちゃんの性別の希望を持つ夫婦の方も多いですよね。

 

赤ちゃんの産み分けにも色々な方法がありますが、今人気なのが「産み分けゼリー」と呼ばれるものです。
3組に1組の夫婦が潤滑ゼリーを使って赤ちゃんの性別の産み分けをしているそうです。

 

>>>産み分けゼリーの最新商品が知りたい!と言う方はコチラ

赤ちゃんを希望する性別に産み分ける方法とは?

赤ちゃんを希望する性別に産み分ける方法は大きく分けて4つあります。
それぞれの特徴を簡単に説明したいと思います。
赤ちゃんを希望の性別に産み分けできるゼリーの最先端商品とは?

 

・タイミング法
排卵のタイミングと精子の性質を利用した方法で女の子がいいという場合は
膣内のph値が酸性になる排卵日の2,3日前に夫婦の営みを行う、男の子がいいという場合は
膣内のph値がアルカリ性になる排卵日の当日に夫婦の営みを行うという方法です。

 

・産み分け潤滑ゼリー
タイミング法と同じく精子の性質を利用した方法ですが、排卵日と合わせて膣内のph値を
ゼリーを注入することによって強引に希望する性別の精子が好む環境に変える方法です。

 

・パーコール法
人工授精の際に行われる産み分け法でパーコール液という分離試薬に精子を入れて遠心分離を行い、
重さの違うX精子とY精子を分けて希望する性別の精子を卵子と受精させるという方法です。

 

・着床前診断
体外受精した受精卵がある程度成長した段階でその細胞の持つ染色体から希望する染色体を
持っている受精卵だけを子宮に戻すという産み分け方法です。

 

上記のような産み分けの方法がありますが、100%の確率で産み分けができるのは
着床前診断」のみで、その他の3つの方法は厚生労働省などの信頼できる機関の
研究データはまだありませんが、少なくとも何もしないよりも成功率は高いと言われています。

 

その中でも産み分けゼリーに関しては、一見すると成功率が高そうなパーコール法よりも
産み分けゼリーのほうが成功率が高いと言うお医者さんもいます。

 

産み分けにかかる費用としては紹介した上から順番に高くなっていきます。
自然妊娠で産み分けをする場合は「タイミング法」か「産み分け潤滑ゼリー」の2択です。

 

では、産み分け潤滑ゼリーについてもう少し詳しく説明していきましょう。
産み分けゼリーは元々世田谷や丸の内にある産み分けで有名な産婦人科である
杉山産婦人科が販売していた商品で、希望する赤ちゃんの性別によって2種類ありました。

 

男の子がいい・・・グリーンゼリー
女の子がいい・・・ピンクゼリー

 

実際の違いは先程も紹介したように酸性・アルカリ性に膣内のph値をコントロールできる部分です。
以前は産み分けゼリーと言えばこの杉山産婦人科のピンクゼリー・グリーンゼリーが主流でしたが、最近では「よりリーズナブルに」「より使いやすく」「より衛生的に」「より安全に」を考えて開発された新しい産み分けゼリーが人気になっているんですね。

 

そんな赤ちゃんを希望する性別に産み分けできる産み分けゼリーの最前線の商品を紹介しましょう。

赤ちゃんを希望する性別に産み分けする潤滑ゼリーおすすめランキング


ジュンビーの産み分けゼリーの特徴

 

※女の子用のピンクゼリーだけ!
・産婦人科との共同開発
・管理医療機器認証商品
・特許取得の使いやすい形状の容器
・2セット以上購入で葉酸サプリ付き
・妊活サポート専門会社が開発、販売

 

送料メール便270円宅急便648円 税抜価格
1セット値段 14800円
2セット値段 26600円 送料・手数料無料・葉酸サプリ付き
3セット値段 38400円 送料・手数料無料・葉酸サプリ付き
1セット本数 10本入り
内容量 1本1.7ml

 

ジュンビーのおすすめポイント!

ジュンビーの産み分けゼリーは女の子が欲しいという方向けのピンクゼリーのみですが、安全性を考慮した管理医療機器であり、使いやすさの点ではゼリーを注入しやすいように独自開発された流線型のフォルムが利用者から高い評価を受けています。
また、2セット以上の購入で赤ちゃんを妊娠したら必須になる葉酸サプリのオマケもうれしいですね。

 

 

ベイビーサポートの産み分けゼリーの特徴

 

・余ったゼリーの買取りキャンペーン
・100%天然成分で作られた潤滑ゼリー
・高機能設備で徹底した品質、衛生管理
・全成分と配合目的の表示あり
・内容量が他商品よりも多い

 

送料一律650円 税抜価格
1セット値段 13800円
2セット値段 22080円 送料・手数料無料
3セット値段 28980円 送料・手数料無料
1セット本数 7本入り
内容量 1本4.5ml
ベイビーサポートのおすすめポイント!

ベイビーサポートの産み分け潤滑ゼリーは内容量がたっぷり入っているのが特徴で、もし使い切る前に妊娠できた場合には、使わなかったゼリーの買取りをしてくれます。何本必要になるか?こればかりは誰にも想像できないので無駄なく使いたい人にオススメです。人気のため欠品になることも多いので在庫の確認は公式HPで行いましょう。

 

 

 

ハローベビーの産み分けゼリーの特徴

 

・3つの安全試験テストを実施
・国内販売20万本の販売実績
・2セット以上購入で妊活サプリ付き
・全成分と配合目的の表示あり
・1本あたりの値段が安い

送料一律600円 税抜価格
1セット値段 10000円
2セット値段 18000円 送料・手数料無料、妊活サプリ付き
3セット値段 25500円 送料・手数料無料、妊活サプリ付き
1セット本数 7本入り
内容量 1本1.6ml
ハローベビーのおすすめポイント!

ハローベビーの産み分け潤滑ゼリーは価格がリーズナブルで、2セット以上の購入で妊活に役立つ成分が配合されたサプリメントがオマケで付いてきます。
ハローベビーには精子が卵子に届きやすい環境を作り出す成分が配合されたプレミアムバージョンもあるので一人目で妊娠できるかちょっと不安という方の産み分けゼリーにオススメです。

従来の産み分けゼリーと紹介したゼリーの違いについて

赤ちゃんの性別を産み分けできる潤滑ゼリーの最先端商品を3つ紹介しましたが、
これまで主流だった杉山産婦人科の産み分けゼリーと何が違うの?という点を紹介しましょう。

 

赤ちゃんを希望の性別に産み分けできるゼリーの最先端商品とは?
まず、杉山産婦人科の産み分けゼリーは「産み分けネット」というショッピングサイトでしか
通販で購入することができなかったのですが、新規会員登録だけで5000円必要になります。

 

その点紹介した3つの産み分けゼリーは会員登録があっても無料です。

 

また、シリンジ(ゼリーを膣内に注入する容器)は同じものを熱湯で洗って使いまわすのですが、
最先端の商品は全て1回使い切りタイプなので手間的にも衛生的にもおすすめです。

 

さらに、ゼリーをまずは湯煎である程度溶かしてから使わないといけません。
その点最先端の商品はそのまま使えるので楽ですよね。

 

最後に成分が全く分からないという点もあります。
産婦人科が販売している商品なので当然体に害はないとは思いますが、
やっぱり成分がわかっていたり、製造された環境がわかっていたほうが安心ですよね。

 

こういった理由から今は進化した産み分けゼリーが人気になっています。
赤ちゃんの性別を産み分けたい!という方は使ってみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんの性別はいつ頃わかるの?

産み分けゼリーを使うと赤ちゃんの産み分けができる確率はアップしますが、
その成功確率は100%ではありません。

 

もし産み分けゼリーを使って妊娠できたら希望の性別の赤ちゃんを妊娠できたか気になりますよね。
では、妊娠した赤ちゃんの性別はいつ頃わかるのでしょうか?

 

赤ちゃんの性別が決まるのは受精の段階ですが、性別がわかるのはもっと後です。
早い人だと妊娠10週〜15週、遅い人だと妊娠31週〜35週と言われています。
一般的には妊娠24週前後が一番赤ちゃんの性別が確認しやすいです。

 

男の子の場合は付いているので性別がわかるのが早かったり、確実性が高いですが、
女の子の場合は性別の判定が難しい場合があります。

 

実際に私は女の子を出産しましたが、最初に先生から女の子の可能性が高いと言われたのは妊娠25週目でしたが、そのまま確定には至らず出産したら女の子でした。

 

男の子だと言われて女の子が生まれるケースは少ないみたいですが、女の子だと言われて産まれてきたら男の子だったというケースは以外と多いようです。

 

また病院によってエコーの機械の精度も違いますし、成長すればするほどエコーで赤ちゃんの姿を確認しにくくなりますし、お腹の中の赤ちゃんの体勢にも影響されます。例えば3Dエコーや4Dエコーを使っているとよりハッキリ赤ちゃんの形がわかるので性別の判断も早かったり、正確だったりしますがそれでも性別を判断するのは無図怪異ケースもあるのです。

 

産み分けを希望している方は特に赤ちゃんの性別が気になると思います。
エコーの場合アソコの形で性別を判断・確定させることが多いですが、その他にも赤ちゃんの性別を見分ける方法として色々なことが言われています。

 

例えば・・・・

・お腹の出っ張り方
(お腹が前に出ていたら男の子、横に丸いと女の子)

 

・つわりの程度
(つわりが酷ければ女の子、軽かったら男の子)

 

・かかとの内側の膨らみ
(右足のかかとの内側が膨らんでいたら男の子、左・両足のかかとの内側が膨らんでいたら女の子)

 

・胎動の変化
(キックが多いと男の子、うね〜と動くのが女の子)

 

などなど、中には迷信じみたものもありますが、参考にする分にはいいと思います。
赤ちゃんの性別がわかっていると洋服を買ったり、名前を考えたり、お祝いを送ってもらう時に事前に知っていることのメリットがありますが、産み分けを希望している方の場合は希望する性別ではない時のガッカリ感が襲ってくるケースもあります。

 

100%で産み分けができる方法は着床前診断だけなので、その他の方法に関しては過度な期待をしないで希望する性別が生まれてくれたら嬉しいぐらいの心持ちでいると気が楽になりますし、ガッカリ感も軽減すると思うので産み分けを考えるあまり性別にこだわりすぎないことがオススメです。


赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

赤ちゃんの性別はどのようにして女の子・男の子に分かれるのでしょうか?

 

赤ちゃんの性別が決まるのは卵子と精子が受精した時です。
そして、受精した精子の持つ染色体がX染色体か、Y染色体かで赤ちゃんの性別が決まります。
一般的にはX染色体を持つ精子はX精子、Y染色体を持つ精子をY精子と言ったりします。

 

そして、X精子が受精したら赤ちゃんは女の子、Y精子が受精したら赤ちゃんは男の子になります。
X精子とY精子はそれぞれ異なった性質を持っていて、全体の数も正しく均等ではありません。
射精されてからの寿命や動きのスピードも異なります。

 

X精子(女の子) Y精子(男の子)
寿命が長い(2〜3日程度) 寿命が短い(1日程度)
数が少ない 数が多い(約2倍)
酸性に強い アルカリ性に強い
泳ぐスピードが遅い 泳ぐスピードが早い

 

 

ゼリーを使った産み分け方法を始め、産み分けの方法は基本的に希望する赤ちゃんの性別になる
精子を卵子に送り届け受精させるために、それぞれの精子が持つ特徴を活かして希望する性別の精子を
卵子に届けやすくするための方法と言えます。

 

しかし、現在のところ完璧な産み分け方法はありません。
着床前診断は産み分ける方法というよりかは、受精卵の状態での性別を見分けるといったほうが
正しいかもしれません。

 

ゼリーもタイミング法、パーコール法も希望する性別の精子ができるだけ受精しやすい環境を作るだけです。
それでも方法によっては何も意識せずに妊娠〜出産するよりも高い確率で産み分けができるデータもあります。

 


赤ちゃんの産み分けにゼリーを使うと妊娠しにくい?

赤ちゃんの産み分けにゼリーを使っていた経験のある方の口コミを見てみると、
産み分けゼリーを使ったら全然妊娠しなかったといった口コミも見かけます。

 

もし産み分けゼリーを使って不妊にでもなったら嫌ですよね?
赤ちゃんの産み分けのためにゼリーを使用したら不妊になるといった
研究データのような確かな情報は今のところありません。

 

少なくともゼリーを使用したから不妊になることはないでしょう。
しかし、産み分け自体が自然妊娠と比較すると妊娠しにくくなる可能性はあります。

 

人工授精の産み分け方法であるパーコール法のようにあらかじめ希望する赤ちゃんの
性別の精子を分ける場合は妊娠確率に特に影響はないと思いますが、それ以外の
産み分け方法は希望する赤ちゃんの性別の染色体を持つ精子を優位にします。

 

そうすれば単純に希望しない性別の精子は受精しにくくなると考えられます。
つまり、産み分けをするよりも妊娠確率が低くなる可能性はあるでしょう。

 

ある意味これは産み分けにチャレンジするデメリットと言えるかもしれません。
また赤ちゃんの性別でも女の子の産み分けをする際には、一般的に妊娠しやすいと言われる
排卵日の2〜3日前にセックスをするのがタイミング的に望ましいと言われています。

 

男の子の場合は排卵日当日のセックスが望ましいので男の子の産み分けと比較すると、
女の子の産み分けのほうが妊娠しにくいかもしれません。

 

 

このような事情があるので産み分けにチャレンジする際はあまりこだわりすぎずに、
なかなか妊娠しないと思ったら素直に自然妊娠を考えましょう。

 

実際に産み分けゼリーを使っている人の中にはあらかじめ回数を決めて使っている方もいます。
赤ちゃんの性別にこだわり過ぎるあまりに妊娠できなくては意味がないですからね。